子供の虫歯治療にオススメ歯磨き粉ランキング

私は子供の頃虫歯の治療をたくさんしました。
治療には何度も通わないといけないので、時間もお金もかかってしまいました。

 

治療後もブラッシング指導を受けるように言われ
子供ですから断ったりもできずに歯科医師の言いなりで、結構面倒でした。
虫歯を削ったあとの詰め物の素材は親が決めてしまったため
今でも銀色の詰め物がたくさんあり、少し見栄えが悪いと思います。

 

歯科は独特なにおいがあり、あまり好きではありませんでした。
音も独特ですね。威嚇するというか、必要以上の高音というか、怖い音がします。

 

小学校では年に1度検診がありますので、痛くなるほどの虫歯になったことはありません。
子供の頃虫歯になったのは奥歯が多かったです。やはり磨きにくいのですね。

 

歯垢を染める薬も嫌でした。歯垢がついているときに赤く染まるものです。
ブラッシング指導の時に使われますが、赤くなって気持ち悪いですし
自分の歯磨きの仕方をダメ出しされているようで好きではありません。

 

子供の頃の虫歯は親の責任とも言われますが、実際にはそうとは言い切れないと思います。

 

というのは、私の息子は現在小学3年生ですが、一度も虫歯になったことはありません。
私が厳しくしているとか、食生活がいいという事はたぶんありません。
母である私は大雑把な性格ですので、おやつは時間を決めていませんし、内容もキャンディーやチョコレート、
キャラメルなども食べています。子供が小さい頃はよくジュースを飲ませていました。
歯磨きもどちらかと言えば適当で、仕上げ磨きは歯科検診の朝にするぐらいで普段はしません。

 

これはやはり、虫歯になりやすい子とそうでない子がいるという説が有力なように思います。

 

実際息子の友達は毎日の歯磨き、仕上げ磨き、週1回のフッ素コートなどをしても毎年虫歯が見つかるそうです。
体も痩せている子なので甘いものばかり食べているわけでもなさそうでした。

 

私の息子は歯磨きが適当過ぎるので小学校に入学して以来、歯石がたくさん付くようになりました。
あまりにびっしり付いてしかも前歯についていてとても目立ちます。
汚かったので、歯科検診前に歯石取りに近所の歯科に行きました。
初めての歯科です。独特な雰囲気がありますので嫌がるかと思ったのですが
先生がとても優しく、息子と相性もよかったようで、全く嫌がりませんでした。

 

現在は3か月に一度、検診を兼ねてクリーニングをしてもらっています。
さほどお金もかかりませんし、それで虫歯が防げるのなら無駄な費用だとは思いません。
このまま虫歯にかからず、きれいな歯でいてくれたらいいなと思っています。